So-net無料ブログ作成

<フィギュアスケート>夏も人気 満員続くアイスショー 現役トップが目白押し(毎日新聞)

 華麗なジャンプと舞、きらびやかな衣装。バンクーバー五輪女子銀メダルの浅田真央(19)=中京大=や、男子銅メダルの高橋大輔(24)=関大大学院=ら一流選手の演技を間近に見られる「アイスショー」が人気だ。4〜5月が最盛期で夏場にも開催される。かつては現役を引退したショースケーターの舞台だったが、今や現役選手の出演は当たり前。アイスショーの世界ってどうなっているの?【芳賀竜也】

【特集】フィギュアスケートの最新情報と写真

 5月初めに横浜市で行われた「プリンスアイスワールド」。高橋は華麗な演技の後、観客の目前まで近づいて笑顔で手を振り、大きな声援を浴びた。5日間の公演では荒川静香さん(28)や本田武史さん(29)らかつての名選手に加え、バンクーバー五輪出場の浅田、高橋、鈴木明子(25)=邦和スポーツランド、小塚崇彦(21)=トヨタ自動車=らも出演した。

 フィギュア選手が競技以外で演技を披露するアイスショーは北米が盛ん。代表格の「スターズ・オン・アイス」は1984年サラエボ五輪男子金メダリスト、スコット・ハミルトン氏が提唱して86年に始まった。日本公演も2007年から毎年開かれ、4月9、10、11日の「スターズ・オン・アイス」東京公演は、代々木第1体育館の約1万席がほぼ満席に。

 ほかに7、8月にも六つのショーが予定されている。

 日本では、78年に始まった「プリンスアイスワールド」(主催・プリンスホテル)が草分けだ。現役選手が出演するようになったのは、10年余り前から。日本スケート連盟が98年12月に競技者資格規定を改正。選手の商業活動を禁止するアマチュア規定を廃止し、連盟が承認するショーであれば、出演して報酬を受け取っても構わないことになった。

 アイスワールドを主催するプリンスホテルのマーケティング推進部、飯田広文担当部長は「今でこそ大勢のお客さんが来るが、昔は全日本選手権ですら満席にならなかった。観客でいっぱいになるウチのショーで、勝負度胸をつけてもらう狙いもある」と語る。

 国際スケート連盟でも同様の規定がある。ショー出演を認めたのは、五輪などで名声を得た選手がすぐ現役を退き、ショーの世界に流出するのを防ぐため、といわれる。バンクーバー五輪を制した韓国の金妍児(キムヨナ)(19)は現役を続けるかどうか表明していないが、4月中旬には地元ソウルでアイスショーに出演。母親が代表取締役を務めるマネジメント会社を設立し、今後はショーも開催するという。

 日本連盟によると、この1年に連盟が「後援」の形で認めたのは計10公演。久田順子事務局長は「内容などを審査して後援の可否を決めている」と話す。出演料の取り分は原則として選手側8割、連盟2割。その額は「契約があり、公表できない」(プリンスホテル)が、海外のメダリストらは高騰するようだ。

 既に競技はシーズンオフになり、「アイスショーを楽しんでいる」と浅田。競技の重圧から解放され、伸び伸びと滑るトップスケーターの演技がアイスショーの魅力だ。

【関連ニュース】
【写真特集】世界選手権優勝の高橋大輔、浅田真央が帰国
【写真特集】浅田が逆転優勝を飾ったフィギュア世界選手権
【写真特集】高橋大輔が世界フィギュアで優勝 日本人男子で初
【写真特集】目指せソチ五輪:フィギュアスケート 次世代を担うスター
【明快にわかる】図説:フィギュアスケート

<稲穂>枝増やす遺伝子を名大チームが発見 最大52%増も(毎日新聞)
機密費使途、前任者から説明受けず=政府答弁書で官房長官(時事通信)
後藤組元組長に逆転有罪…ビル所有権虚偽登記(読売新聞)
法務省、地方移管にゼロ回答=出先機関改革で公開討議―政府(時事通信)
連立離脱か残留か、悩む社民…普天間問題(読売新聞)

<京浜東北線>人身事故で遅れ 田端駅(毎日新聞)

 8日午後8時10分ごろ、東京都北区東田端1の京浜東北線田端駅で、線路に転落した女性が進入してきた南浦和発蒲田行き普通電車(10両編成)にはねられ、即死した。滝野川署によると、女性は30歳くらいとみられ、駅上の区道から転落した可能性があるという。

 事故の影響で同線は大宮−大船駅間で南行きと北行き計20本が最大約1時間12分遅れ、約5000人に影響した。【浅野翔太郎】

【関連ニュース】
JR内房線:280メートルオーバーラン…浜野駅で
JR中央線:衝撃音で緊急停止 西荻窪駅・9本運休
JR中央線:新宿駅で人身事故 一時運転見合わせ
福知山線脱線:慰霊式会場で遺族担当のJR西社員が死亡
福知山線脱線:足に後遺症の23歳、作業療法士の夢に一歩

普天間5月末決着先送り、閣僚から意見相次ぐ(産経新聞)
国外移設も…民主6議員、サイパンなど視察へ(読売新聞)
「母の日」孝行が…車ため池に、95歳母と娘死亡(読売新聞)
「妊娠と薬情報センター」回答件数が1千件を突破(医療介護CBニュース)
<河村名古屋市長>「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。